きょう2日は次第に冬型の気圧配置へ。日本海側は次第に雪にかわり、ふぶくでしょう。暖かな朝から一転して、午後は気温が下がります。気温のアップダウンが大きくなりますので、体調管理にお気をつけください。

太平洋側は天気回復 日本海側は次第に雪でふぶく

画像A

きょう2日は日本付近は次第に冬型の気圧配置になり、寒気が流れ込んでくる見込みです。太平洋側の雨は昼頃にはやむ所が多く、次第に天気が回復するでしょう。九州から関東は広く晴れそうです。一方、北陸や東北の日本海側は午前中は雨の所が多いですが、次第に寒気が流れ込み、午後は雪に変わる見込みです。風も強まり、ふぶく所もあるでしょう。北海道の日本海側も雪でふぶく見込みです。東北と北海道の太平洋側は日中は晴れ間が出るでしょう。あす3日の立春にかけて北陸と東北、北海道の日本海側では風や雪の降り方が強まりそうです。特に北海道では暴風雪に警戒してください。

午後は次第に気温下がる 気温の変化に注意

昨夜から今朝にかけて暖かい空気が流れ込み、きのうと比べて10度以上も高くなった所もあります。ただ、このあとは気温の急な変化に注意が必要です。最高気温は九州から関東は15度前後まで上がり、3月から4月上旬並みの所が多いでしょう。東北や北海道も平年より高く、真冬日の所は少ない見込みです。ただ、最高気温が出るのは午前中までの所が多く、午後は気温が徐々に下がりそうです。お帰りの時間帯はぐっと冷えてきますので、服装にご注意ください。