あす(3日)は「立春」。ただ、暦通りとはいかず、全国的に厳しい寒さに。北海道や東北では、上空に非常に強い寒気が流れ込むため、猛烈な寒さとなりそう。昼間でも路面や水道の凍結に注意を。

きょうよりグッと寒くなりそう

画像A

きょう(2日)は、関東から九州、沖縄では、昼前から晴れた所が多く、日差しとともに気温が上がりました。午後3時までの最高気温は、東京都心で15.6℃、名古屋市で13.8℃、大阪市で13.7℃、福岡市は12.4℃でした。
これからあす(3日)にかけて、日本付近は冬型の気圧配置に変わり、上空には非常に強い寒気が流れ込む見込みです。
あす(3日)は二十四節気の「立春」で、暦の上では春の始まりですが、寒気の影響で厳しい寒さとなるでしょう。予想最高気温は、東京都心で11℃、名古屋市で7℃、大阪市と福岡市は8℃と、きょうより5℃前後低くなりそうです。
また、札幌市でマイナス8℃、青森市はマイナス6℃の予想で、北海道や東北では、猛烈な寒さとなる所が多いでしょう。

北海道や東北では、水道凍結に注意を

画像B

あす(3日)は、北海道や東北では、最低気温がマイナス10℃以下、最高気温がマイナス4℃以下になる所が多くなりそうです。
朝だけでなく、昼間でも水道の凍結に注意が必要です。
事前に、水道菅の中から、水を抜いておきましょう。水抜栓はいろいろな種類がありますので、あらかじめ使用方法を確認しておき、水抜栓の場所もチェックしておくと、水を抜く作業がスムーズです。
屋外で、むき出しになっている水道管やメーターを、発砲スチロールなどの保温材を使って、専用テープでしっかりと巻き、保温しておきましょう。