きょう3日は、立春で暦の上では春がスタート。だが、日本付近は強い寒気と冬型の気圧配置で、全国的に寒い一日になる。日本海側は雪の所が多く、ふぶく所も。晴れる太平洋側でも、雪雲が流れ込む所が。

3日立春 北陸から北海道にかけて雪やふぶき

画像A

きょう3日(立春:水曜日)は、強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、北海道から東北の日本海側と北陸を中心に雪が降りやすいでしょう。季節風が強く吹いて、ふぶく所がある見込みです。特に、北海道では暴風雪のため、猛ふぶきや吹きだまりが発生しやすい気象状態ですから、夜にかけて警戒が必要です。
山陰や近畿北部の雪や雨は、午前中が中心でしょう。
北海道から東北の太平洋側と関東から九州、沖縄では晴れる所が多い見込みですが、北海道と本州では雪雲の一部が、高い山を乗り越えて流れ込むことがありそうです。

画像B

3日の気温 全国的に冬の寒さ 北は極寒

画像C

きょう3日(立春:水曜日)の最高気温は、きのう2日に比べて全国的に5℃以上ダウンする所が多い見込みです。東北北部と北海道では10℃以上も低くなる所が多くなりそうです。
北海道は高い所でもマイナス5℃以下で、マイナス10℃以下の所もありそうです。東北北部は軒並み0℃未満の真冬日になり、東北南部でも2℃前後の所が多いでしょう。
北陸は2℃から5℃くらい、関東甲信は12℃くらいですが、北関東の山沿いと長野県では5℃以下の所が多くなる見込みです。東海から近畿と中国、四国、九州北部では10℃以下の所が多いでしょう。九州南部は13℃前後の予想です。沖縄は20℃前後になりますが、きのうより5℃近く低い所もあるでしょう。
暦の上で、きょうは立春。春を迎えましたが、各地とも、冷たい冬の季節風が吹くため体感温度は、気温の数字より低く、春とは名ばかりの寒い一日になるでしょう。
暖かくして、お過ごしください。
特に、ご高齢の皆さんは、部屋と部屋との温度差や浴室での暖房を心がけて、ヒートショックを防ぎましょう。

忍び寄る花粉の季節

画像D

すでに少量ながら花粉が飛び始めている地域があります。
きょうは、全国的に冬の寒さですから花粉が飛ぶ数は少ない予想ですが、花粉に敏感な方は念のため、ご注意ください。毎年症状がある方は、早めに専門の先生に相談しましょう。