きょう(水)は「立春」で、暦の上では春が始まる頃とされています。ただ、暦通りとはいかず、東北地方は真冬の天気となっています。あす(木)にかけては日本海側を中心に断続的に雪が降るでしょう。雪が強く降る時間もあり、積雪が一気に増加する恐れもあります。引き続き、大雪や吹雪に注意して下さい。

きょう(水)午後も日本海側中心に断続的に雪

画像A

きょう(水)は冬型の気圧配置で、上空には強い寒気が居座っています。このため、日本海側では断続的に雪が降っていて、太平洋側にも雪雲が流れ込んでいます。午前11時までの24時間に降った雪の量は秋田県横手市で28センチ、福島県只見町で30センチ、岩手県西和賀町湯田で32センチとなっています。また。山形県大衡村肘折では56センチの雪が新たに降り積もり、積雪は297センチに達しました。
午後も日本海側を中心に広く雪が降るでしょう。午前中と比べると雪の降り方は弱くなる所が多い予想です。ただ、西寄りの風がやや強く吹き、吹雪く所もあるでしょう。吹雪による交通への影響に注意して下さい。
太平洋側も変わりやすい天気で、晴れ間があっても内陸部の山沿いでは雪の降る所があるでしょう。空模様の変化に注意して下さい。

あす(木)は再び雪の降り方強まる 積雪急増に注意

画像B

あすも引き続き、上空には強い寒気が居座るでしょう。また、低気圧が昼ごろにかけて東北地方を通過する予想です。このため、再び雪の降り方が強まる所が多いでしょう。特に秋田県や岩手県、山形県、福島県の会津では、昼ごろを中心に短い時間で積雪が急増する恐れがあります。急激な路面状況の悪化による車の立ち往生や、なだれ、ふぶきによる見通しの悪さには十分注意して下さい。
また、宮城県など太平洋側でも一時的に雪が降るでしょう。そして、午後は西寄りの風が強く吹きそうです。暴風が吹き荒れ、交通機関が乱れる可能性もあります。最新の情報を確認するようにして下さい。

画像C