あす4日は東日本・西日本の太平洋側では晴れて、春のような暖かさとなりそうです。一方、北日本は、あさって5日以降、厳しい寒さから解放されるでしょう。

北日本の寒さの底は4日まで

北日本の上空には、今シーズン最強に匹敵する寒気が流れ込んでいます。この寒気はあす(4日)も居座る見通しで、北日本中心に影響を及ぼしそうです。あすの最高気温は、札幌はマイナス5度、青森はマイナス4度、秋田はマイナス3度と、いずれも平年より5度前後も低い予想です。
前線を伴った低気圧が北日本を通過する予想で、北海道や東北の日本海側、北陸では雪が降り、所々でふぶくでしょう。
ただ、寒さの底はあすまでです。強い寒気は、あさって(5日)以降は次第に抜けていく見通しで、暖かい空気に覆われるでしょう。土曜日(6日)の最高気温は、全国的に平年より高くなり、北海道や東北でも平年よりかなり高くなる予想です。

4日 北陸は暴風に警戒

画像B

あす、北日本を低気圧が通過し、北陸地方を前線が通過するため、北陸地方では、南から暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定となります。北陸地方は、断続的に雪が降り、カミナリを伴って降り方が強まることがあるでしょう。昼すぎにかけて暴風に警戒が必要です。また、強い風で雪が舞って、見通しが悪くなるおそれもあります。車の運転などはご注意ください。あわせて、高波に注意・警戒するとともに。落雷や竜巻などにも注意が必要です。

東日本・西日本の太平洋側は初春の暖かさに

画像C

あすは、太平洋側の地域では広く晴れる予想です。気温も上がって、平年より3度前後高い所が多くなりそうです。最高気温は、東北の太平洋側は5度前後、関東は10度を上回って15度一歩手前まで上がる所もあるでしょう。東海や近畿は10度以上の所が多く、四国や九州南部は15度くらいまで上がる所もありそうです。初春のような暖かさとなりそうです。
ただ、朝や夜は気温がグッと下がりますので、昼間との気温差に気をつけて、服装で上手に調節するようになさってください。