あす5日(金)は西からゆっくりと天気は下り坂。週末は太平洋側を中心に晴れて、ポカポカ陽気に。最高気温20度くらいまで上がる所もありそうです。

5日(金) 九州・中国・四国はゆっくりと天気下り坂

画像A

あす5日(金)は本州付近は高気圧に覆われますが、夜になると九州付近に前線が延びるでしょう。九州、中国、四国は日中は晴れますが、ゆっくりと天気は下り坂で、夜遅くに雨が降り出す見込みです。雪のまじる所もありそうです。近畿、東海、関東甲信も晴れますが、夕方以降は雲が広がる見込みです。北陸と東北の日本海側は明け方までは雪が降るでしょう。北海道の日本海側は午前中は雪が降り、ふぶく所もありそうです。最高気温は沖縄と九州から関東は平年より高く、3月並みの所が多いでしょう。東北と北海道は平年より低く、氷点下の所が多くなりそうです。

週末は太平洋側は広く晴れ 日本海側は雪や雨

6日(土)は前線の影響で、九州から東海は午前中は雨が降りますが、次第に天気が回復するでしょう。7日(日)は九州から関東は太平洋側を中心に広く晴れる見込みです。一方、北陸と東北、北海道の日本海側は雪や雨が降るでしょう。8日(月)以降も九州から関東は太平洋側を中心に晴れますが、北陸と東北、北海道の日本海側では寒気の影響を受けて雪の降る日が多い見込みです。

気温の傾向 週末は九州から関東はポカポカ

この週末、6日(土)と7日(日)は九州から関東は15度以上の所が多く、日差しが出るとぽかぽか陽気になりそうです。九州や四国では20度くらいまで上がる所もあるでしょう。ただ、8日(月)になると、グッと気温が下がる所もありそうです。北海道は、再び広く真冬日が続くでしょう。