けさ(4日)の中国地方は、寒冷前線の通過に伴い雨や雷雨となり、内陸部では雪になった所もありました。ですが、午後は天気は回復に向かい、晴れる所が多くなる見込みです。
向こう一週間は、冬の空気と春の空気が行ったり来たりで、天気変化がはやいでしょう。こまめに最新の天気や気温予報を確認するようにしてください。また、少ないながらもスギ花粉が飛んだり、7日の日曜日は黄砂が飛散する可能性があるため、対策をしておきましょう。

期間の前半ほど、天気はコロコロ変わる

画像A

あす(5日)は、午前中は晴れますが、午後は前線の影響で雲が多くなり、夜は西から雨や雪になる見込みです。
6日の土曜日は前線が離れるため、朝には雨や雪がやみ、午後は晴れる所が多くなるでしょう。
7日の日曜日は、山陽は晴れますが、山陰は東部を中心に雲が広がりやすくなり、夜は雨の降る所がある見込みです。
8日の月曜日は、山陽南部で晴れるでしょう。山陰や山陽北部は寒気の影響で雲が広がりやすく、雨の降る所がある見込みです。風が冷たく感じられるでしょう。
このように、期間の前半ほど、天気変化がはやくなりそうです。

黄砂やスギ花粉の飛散に注意を

画像B

7日の日曜日は中国地方で黄砂が飛散する可能性があります。
また、九州地方や山口県ではスギ花粉が飛び始めている所があります。
向こう一週間は、気温のアップダウンはあるものの、平年より気温の高い日が多い見込みです。風の強い日や暖かくなる日は、スギ花粉が飛び始めるでしょう。
花粉症の方や呼吸器系の疾患をお持ちの方は特に、外出時や洗たく物を取り込む際は、付着した花粉などをしっかり落とすなどして、黄砂や花粉を取り込まないよう、お気をつけください。