近畿地方では、あす7日(日)は北部や山沿いで雨や雪の降る所がありますが、気温は平年より高いでしょう。8日(月)と9日(火)は平年並みか平年より低く、気温の変化が大きくなる見込みです。

あす7日(日)は北部で雨や雪 中南部では晴れ間が広がる

画像A

あす7日(日)の近畿地方は、北部では雲が広がり、雨や雪の降る所もあるでしょう。局地的に雷を伴う恐れもあるため、落雷や突風に注意が必要です。中部と南部では晴れ間が広がりますが、午後は山沿いで雨や雪の降る所があるでしょう。

週明けはこの時季らしい寒さが戻る

画像B

あす7日(日)は、昼間の最高気温は大阪では15度くらいで、3月下旬並みになるでしょう。ただ、8日(月)は上空に寒気が流れ込み、9日(火)にかけて最高気温は10度に届かない所がほとんどになる見込みです。季節風が強まる所もあるため、予想気温よりも低く感じられる可能性があります。10日(水)以降は、気温が平年より高くなるでしょう。気温の変化が大きくなるため、服装などで上手く調節をするようにしてください。