きょう7日(日)は、北から寒気が流れ込んできます。北海道から東北、北陸は次第に雪の範囲が広がるでしょう。関東から西は、きょうも春の空気に覆われます。

7日(日) 各地の天気 北は雪や吹雪

きょうは、前線が北日本付近を通過。これを境に、寒気が流れ込んできます。
北海道は、日本海側とオホーツク海側は雪が降ったりやんだりで、太平洋側も所々に雪雲がかかるでしょう。
東北の日本海側は、朝のうちは雨の所もありますが、昼頃からは雪の範囲が広がってきます。風が強まり、ふぶく所もあるでしょう。晴れ間のある東北の太平洋側も、昼前後を中心に所々で雨や雪が降りそうです。
北陸は、午前中は雨や雷雨。午後は山沿いから次第に雪へ変わるでしょう。
関東甲信と東海は、平地は晴れるでしょう。山沿いは雪や雨の降る所もありそうです。
近畿と中国地方は昼頃まで晴れるでしょう。夕方以降は日本海側を中心に雨や雪の降る所がありそうです。
四国と九州、沖縄は一日晴れるでしょう。

気温 北海道と東北は朝から下がり続ける所も

最高気温は、北海道の広い範囲と東北の日本海側は、平年並みに戻るうえ、朝までに観測される所が多いでしょう。日中は気温がほぼ横ばいか、下がる一方となりそうです。きのうとの寒暖の差が大きくなりますので、体調管理に注意が必要です。
東北の太平洋側と北陸は、きょうもこの時期としては高く10度〜13度くらい。ただ、気温が上がるのは午前中で、午後は北風が強まり、グッと寒くなるでしょう。
関東から西は広い範囲で15度前後の予想で、20度近くまで上がる所も。3月下旬から4月上旬並みの暖かさです。花粉が飛び始める所が増えそうですので、対策をしておくと安心です。夜になると、風が冷たく感じられるでしょう。