8日(月)から9日(火)は冬型の気圧配置が強まり、日本海側は雪に。大雪や吹雪の恐れも。太平洋側は晴れ間がでますが、グッと寒くなるでしょう。

日曜日 関東以西は春の暖かさ

きょう7日は前線が北日本付近を通過し、次第に冬型の気圧配置となっています。日本海側から冷たい空気に入れ替わってきています。一方、太平洋側は日中は日差しが届き、春の暖かさが続きました。東京都心の最高気温は16.3℃と4月上旬並みの暖かさでした。

月曜日は冬型の気圧配置強まる

画像B

あす8日(月)は冬型の気圧配置が強まり、寒気が流れ込むでしょう。北海道の日本海側から北陸は雪が降り、大雪となる恐れもあります。風も強く、ふぶく所もあるでしょう。交通機関への影響にご注意下さい。近畿北部から山陰も雪や雨が降りますので、路面状況の変化に注意が必要です。
太平洋側の各地は晴れ間がでますが、東北や東海、近畿中部・南部には雪雲や雨雲の流れ込む所があるでしょう。冷たい北風が吹きつけて、寒さが戻りそうです。
最高気温はきょうより大幅に低くなりそうです。北海道と東北北部は広く氷点下、東北南部と北陸も3℃くらいとなるでしょう。関東から九州も10℃くらいで、冬の寒さに逆戻りしそうです。しっかりと寒さ対策をしてお過ごし下さい。

火曜日まで寒さ続く

画像C

9日(火)にかけて冬型の気圧配置が続き、寒気が居座るでしょう。北海道の日本海側から山陰は雪が降りそうです。太平洋側は大体晴れますが、風が冷たいでしょう。
9日(火)の朝は東京都心でも氷が張るほどの冷え込みになりそうです。最高気温は北海道と東北北部は広く氷点下、東北南部と北陸は3℃ほどと震えるような寒さが続くでしょう。関東から九州も10℃前後に。東京都心や名古屋市、大阪市などで10℃に届かず、真冬並みの寒さになりそうです。
10日(水)以降は寒気は北上し、寒さは和らぐでしょう。この先も気温の変化が大きくなりそうです。服装を上手に調節して、体調を崩さないようお気をつけ下さい。