あす(水)は上空の強い寒気が抜けるため、各地で厳しい寒さは緩むでしょう。週末になると気温がさらに上がり、桜が咲く頃の陽気となる所もありそうです。ただ、積雪の多い地域では雪解けが進みます。雪崩や屋根からの落雪などに十分注意して下さい。

厳しい寒さはきょう(火)まで

画像A

きょう(火)も冬型の気圧配置で、上空には強い寒気が居座っています。このため、日本海側では断続的に雪が降っていて、太平洋側にも雪雲の流れ込んでいる所があります。雪のピークは越えていますが、午後も山形県の置賜や福島県の会津、中通り北部を中心に一時的に雪の降り方が強まる所があるでしょう。また、西よりの風がやや強く、ふぶく所もありそうです。
日中の気温は各地とも上がらず、厳しい寒さが続くでしょう。西よりの風も強めに吹き付け、きのうに引き続き、体感的にはかなり寒く感じられそうです。暖かい服装でお過ごし下さい。

あす(水)日中は厳しい寒さ緩む 3月並みの所も

画像B

あす(水)は冬型の気圧配置が緩み、上空の強い寒気も北上するでしょう。このため、最高気温は北部で5℃前後、南部は8℃前後まで上がる予想です。北部でも日中はプラスの気温となり、厳しい寒さは緩むでしょう。ただ、日本海側や北部では日差しが少なく、風のやや強い状態が続くため、服装などで上手く調節すると良さそうです。一方、南部太平洋側では晴れ間があり、日差しの暖かさを感じられるでしょう。

週末は桜が咲く頃の陽気に?

画像C

あさって(木)建国記念の日は一時的に寒気が流れ込むため、北部を中心にこの時期らしい寒さに戻るでしょう。週末は気温が上がり、特に14日(日)の最高気温は仙台で13℃、福島で14℃と桜が咲く頃の気温まで上がる予想です。一気に春らしい陽気になるでしょう。
ただ、気温が上がると、積雪の多い地域では雪崩や屋根からの落雪が起こりやすくなりますので、十分注意して下さい。
また、南部では花粉の飛び始める所もあるでしょう。花粉症の方は念のため、対策など準備を進めておくと良さそうです。