12日、東北や北海道を中心に晴れています。秋田市や新潟市など、雪雲がかかる日が続いていた日本海側で、日照時間が7時間を超えました。新潟市で7時間を超えるのは、22日ぶりです。

寒気などの影響が続いた日本海側 18日〜22日ぶりに日照7時間以上に

画像A

12日、北日本付近は高気圧に覆われています。九州から東海は、気圧の谷に伴う雲がかかっている一方で、東北や北海道を中心に晴れています。
東北の日本海側など、寒気や気圧の谷の影響で、雪が降る日が続いていましたが、12日は、14時半時までで、青森市、秋田市、山形市、新潟市の日照時間が、7時間を超えました。7時間以上になるのは、山形市は18日ぶり、青森市は19日ぶり、秋田市は20日、新潟市は22日ぶりです。
札幌市では、15時までで、日照時間が6時間を超えました。6時間を超えるのは11日ぶりです。

日本海側の晴れ続かず それどころか平地に発達した雪雲か

画像B

13日は、北日本や東日本は、日本の東に中心を移す高気圧に覆われるでしょう。北海道から北陸、関東、東海は、晴れ間が出る所が多い見込みです。
ただ、14日には、日本付近に気圧の谷が近づき、15日にかけて、本州の南を低気圧が東進するでしょう。日本海にも低気圧が発生し、北海道付近に近づく見込みです。広く曇りや雨になるでしょう。16日ごろから、日本列島に強い寒気が流れ込みます。日本海側を中心に雪が降るでしょう。寒気の影響は、今のところの予想では、20日過ぎまで、長く続きます。東北の日本海側や北陸では、平地でも発達した雪雲がかかることがあるでしょう。