春の穏やかな陽気は続かず、16日(火)から18日(木)は日本海側を中心に大荒れや大雪の恐れがあります。太平洋側も真冬並みの寒さに。名古屋や大阪の最高気温は6度くらいまでしか上がらない予想です。

日本海側を中心に大荒れの恐れ

画像A

15日(月)は低気圧が日本付近を進み、全国的に雨が降るでしょう。気温は高めで、北海道でも雪ではなく、雨で降る所がありそうです。
16日(火)には、北海道付近で低気圧が急発達する予想です。その後、18日(木)にかけて冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込むでしょう。西日本の上空1500メートル付近にも真冬並みのマイナス12℃以下の寒気が流れ込んできそうです。
北海道から中国地方にかけて、日本海側を中心に風が強まり、大荒れの天気となる恐れがあります。また、16日(火)は雨から次第に雪に変わり、18日(木)にかけて雪の降り方が強まる所があるでしょう。北陸を中心に大雪となる恐れがあります。吹雪や大雪による交通機関への影響に警戒が必要です。太平洋側も冷たい北風が吹きつけ、所々に雪雲が流れ込むでしょう。九州も北部を中心に雪の降る所がありそうです。路面状況の変化に注意が必要です。

気温大幅ダウン

画像B

14日(日)も日中は日差しの届く所が多く、春の暖かさが続くでしょう。最高気温は東北南部や関東から西は15℃以上の所が多くなりそうです。15日(月)も雨のわりに気温は高めですが、16日(火)以降、次第に冷たい空気に入れ替わるでしょう。17日(水)と18日(木)は真冬並みの寒さの所が多くなりそうです。北海道と東北では所々で真冬日に、関東から九州でも所々で最高気温が10度に届かなくなるでしょう。名古屋や大阪は日中も6度ほどと、震えるような寒さになりそうです。東京都心も18日(木)の朝は氷が張るほど冷え込むでしょう。
春の暖かさから一転して、真冬並みの寒さが戻ってきそうです。体調を崩さないよう、万全な寒さ対策をなさってください。