急発達した低気圧が北海道付近を通過中。きょう16日は次第に冬型の気圧配置が強まり、日本海側は大雪や吹雪。特に北海道では見通しのきかない猛吹雪となる所があり、外出が非常に危険な状況に。

日本海側は雪と風がともに強まる 四国など 太平洋側にも雪雲

発達中の低気圧が、次第に北海道の北へ。日本付近は強い冬型の気圧配置になるでしょう。
北海道と東北は日本海側を中心に雪や吹雪。風速20m/s以上と、何かにつかまらないと立っていられないほどの非常に強い風が吹き荒れ、猛吹雪になる所もありそうです。特に、北海道の「宗谷・上川・留萌・石狩」地方では、見通しの全くきかない猛吹雪になる見込みです。車が雪に埋もれて動けなくなったり、車外に出ても周りを見通せずに遭難してしまったりと、命に関わるような状況になる危険性があります。
北陸は、はじめは雨でも次第に雪になり、近畿北部や中国地方も夜は雪の所が多くなるでしょう。風も強く吹きます。
関東甲信の山沿いや岐阜県の山沿いも雪で、特に岐阜県では積雪が一気に増える所があるでしょう。
四国や九州北部も今夜からは所々で雪や雨。山沿いを中心に積雪や路面の凍結に注意が必要です。

予想される最大風速・降雪量

●きょう16日〜17日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
北海道  28メートル(40メートル)
東北   25メートル(35メートル)
近畿   23メートル(35メートル)
北陸   20メートル(35メートル)
九州北部 20メートル(30メートル)
●17日午前6時までの24時間降雪量は、多い所で
東北・北陸  60センチ
北海道    50センチ
東海(岐阜県)  40センチ
近畿(北部)   20センチ
四国・九州北部 5センチ
その後、18日頃にかけても雪が続き、北陸や東北を中心にさらに雪の量が多くなるでしょう。

晴れる所も風が冷たい 全国的に夜は朝より気温下がる

画像C

全国的に、冷たい北または西よりの風が強まるので、最高気温はきのうより低くなる所が多いでしょう。日本海側では、最高気温が午前中の早い時間に出て、午後は気温が下がる一方となりそうです。
太平洋側も、夕方以降は気温がグッと下がり、夜は朝よりも寒くなるでしょう。