18日頃にかけて日本付近には強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が続く見込みです。日本海側を中心に荒れた天気が続くでしょう。猛吹雪や大雪に警戒が必要です。

強い冬型の気圧配置 18日頃まで続く

画像A

あす17日は低気圧の発達ピークは過ぎるものの、18日頃にかけて日本付近には強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が続く見込みです。北海道や東北、北陸から山陰にかけて荒れた天気が続くでしょう。日本海側だけでなく、太平洋側にも雪雲の流れ込む所がありそうです。また九州の上空にも1500m付近にマイナス12度以下の寒気が流れ込み、平野部でも雪が降り、積雪となる所があるでしょう。降雪や路面の凍結による交通機関への影響にご注意ください。北陸や東北、北海道でも積雪がさらに増え、雪を伴った暴風が吹く所もありそうです。暴風雪や大雪などに警戒が必要です。また、17日から18日は真冬のような寒さに逆戻りする所が多いでしょう。寒さ対策も万全になさってください。

週末から来週は春の暖かさ

画像B

19日頃になると、ようやく冬型の気圧配置は緩むでしょう。強い寒気も次第に北上する見込みです。ただ、北海道や東北の日本海側や北陸では寒気の影響が残り、雪や雨の降る所がありそうです。太平洋側は高気圧に覆われて、来週にかけて晴れる日が多いでしょう。最高気温は週末から来週にかけて平年より高く、春の暖かさになりそうです。積雪の多い所では雪崩にご注意ください。