17日から18日にかけて、上空に強い寒気が流れ込む影響で、岐阜県山間部では断続的に雪が降るでしょう。また、18日は濃尾平野にも雪雲が流れ込み、雪が積もるおそれがあります。積雪や路面凍結による交通障害にご注意ください。

岐阜県山間部 17日から18日にかけて大雪に注意

画像A

17日は冬型の気圧配置が次第に強まるため、岐阜県山間部の広い範囲で雪が降るでしょう。雪雲を流す上空の風向きが西よりのため、岐阜県西濃・中濃の山地や飛騨地方の西部で特に雪の量が多くなり、多い所では24時間で50cmの雪が降る可能性があります。先日の雨で湿った重い雪の上に大量の雪が積もり、なだれが発生しやすくなりますので、十分にご注意ください。

濃尾平野周辺 18日は積雪のおそれ

画像B

18日になると、上空の風向きが北西に変わり、濃尾平野に雪雲が流れ込みやすくなります。このため、愛知県・岐阜県美濃地方・三重県北部でも雪となり、平地でも積もる所があるでしょう。雪のピークは18日の朝で、通勤・通学の時間帯と重なる見込みです。積雪や路面の凍結による交通障害のおそれがありますので、時間に余裕をもって出かけるようにしてください。

週末は春の暖かさ 花粉の大量飛散に注意

画像C

19日になると冬型の気圧配置が緩み、岐阜県山間部の雪も次第にやむ見込みです。20日から23日にかけては、高気圧に覆われて各地ともおだやかに晴れるでしょう。高気圧が暖かい空気を運んでくるため、春本番の陽気になりそうです。東海地方の平野部ではスギの花粉が飛び始めていますが、この暖かさで飛ぶ量が増える見通しです。花粉症の方は、しっかりと対策をとるようにしましょう。