最近は、季節外れの陽気の日もあった四国地方ですが、あす(17日)、あさって(18日)は一転して強い寒気が流れ込み、真冬の寒さに逆戻りするでしょう。強い寒気は、寒さだけではなく大雪ももたらす恐れがあり、積雪や凍結などによる交通障害に十分な注意が必要になりそうです。

特に大雪に注意が必要な地域は?

画像A

本州付近は、17日から18日にかけて強い冬型の気圧配置が続き、四国では17日朝頃から18日いっぱいは雪の降りやすい天気になる見込みです。雪のピークは、現段階では17日夜から18日朝にかけてを予想しています。
17日6時から18日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
山地:20から40センチ 平地:10から20センチ
その後、18日6時から19日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
山地:10から20センチ 平地:5から10センチの予想です。
発達した雪雲は、特に四国西南地域と四国の中央付近エリアへ流れ込みやすくなると見られるため、これらの地域では特に大雪に十分ご注意ください。

通勤や通学は時間に余裕をもって行動を

画像B

あす17日からの寒波でもし大雪となった場合は、積雪や路面の凍結などによる交通障害が発生する恐れがあります。通勤や通学の足に大きな影響が出る可能性もありますので、こまめに天気や道路情報などを確認し、いつも以上に時間に余裕をもって行動してください。
また、雪道を車で運転される場合は、タイヤチェーンなどの装備をしっかり整え、事故のないよう慎重な運転を心がけましょう。