強い冬型の気圧配置は18日にかけて続く見込み。北陸を中心に日本海側の雪はさらに増え、雪に慣れていない九州や四国などの地域でも大雪となる所がありそうです。

画像A

強い冬型の気圧配置は18日にかけて続く見込みです。日本海側の雪はさらに増え、雪に慣れていない九州や四国などの地域でも大雪となる所がありそうです。風の強い状態も18日かけて続くでしょう。

北陸の多い所 24時間で100センチの降雪予想

18日18時までの24時間降雪量は、多い所で、北陸地方100センチ、近畿地方80センチ、東北地方、関東甲信地方、東海地方60センチ、中国地方50センチ、北海道40センチ、四国地方、九州北部地方30センチ、九州南部5センチとなっています。その後19日かけてもさらに積雪の増える所があるでしょう。大雪による交通障害に警戒・注意し、なだれや着雪に注意してください。

車の立ち往生など交通障害に警戒を

17日、富山県には「顕著な大雪に関する富山県気象情報」が発表されました。特に北陸地方には集中して雪雲が流れ込むため、短時間に一気に積雪が増える所がありそうです。車の立ち往生など大規模な交通障害が発生する恐れもあります。不要不急の外出はなるべく控えるようにしてください。また、普段、雪に慣れていない西日本などの地域でもここ数日で積雪が一気に増えて、大雪となる所がありそうです。車の冬装備はもちろん、歩行の際も、冬用のブーツを使用するなど、外出の際は十分にお気をつけください。