この土日、関東から九州は、最高気温が20度以上の所が増えて、昼間はコートいらずの陽気に。ただ、このまま暖かくなるわけではなく、来週は季節が逆戻りしますので、寒暖差に注意が必要です。

天気のポイント 沖縄や九州から関東は?

画像A

この週末から来週前半にかけて、沖縄や九州から関東の天気のポイントは「乾いた晴天が続く」ということです。
沖縄や九州から関東は、広い範囲で、晴れの天気が続くでしょう。また、南風の強く吹く日もありそうです。
19日正午現在、すでに、広い範囲に「乾燥注意報」が発表されており、この先も、しばらく空気の乾いた状態が続く見込みです。火の取り扱いには、十分な注意が必要です。また、九州から関東では、スギ花粉が飛びやすくなる気象条件がそろいますので、症状のでる方は、万全な対策を心がけてください。

天気のポイント 北陸・東北・北海道は?

画像B

一方、来週前半にかけては、北陸や東北、北海道では、日本海側を中心に「天気は日替わり」というのがポイントです。
20日土曜は、日本海側を中心に雲が広がりやすく、所々で雨や雪が降るでしょう。局地的に、カミナリが鳴りますので、落雷や突風など、天気の急な変化に注意が必要です。21日日曜は、北海道の一部で雪が降るものの、本州の日本海側では雨や雪の降る所は少なくなるでしょう。ただ、22日月曜は、天気が下り坂へ向かいそうです。
積雪の多い所では、21日日曜は、天気がいったん回復するので、雪下ろしのチャンスです。ただ、慣れていても、雪下ろしは必ず2人以上で、声を掛け合い、安全を確認して行ってください。

気温のポイントは?

画像C

この先1週間、気温のポイントは「全国的に、気温の変化が大きくなる」ということです。
20日土曜から来週前半にかけては、全国的に、この時期にしては気温が高いでしょう。21日日曜と22日月曜は、東京や福岡など、関東から九州では、最高気温が20度以上の所が多く、22〜23度くらいまで上がる所もあるでしょう。昼間は、上着なしでも過ごせるくらいですが、朝晩と日中との「気温差」が大きくなりそうです。服装で上手に調節してください。
さらに「気温差が大きい」のは、朝晩と日中だけではありません。来週前半は、昼間は春の暖かさですが、23日火曜頃からは、季節が逆戻りするでしょう。24日水曜頃からは、全国的に昼間も冬の寒さで、東京は最高気温が10度くらいの予想です。気温の変化で体調をくずさないよう、十分、お気を付けください。