東京都心の最小湿度は、14時半までで16パーセントとなり、4日連続で10パーセント台になりました。東京都心で、2月に4日連続10パーセント台になるのは、9年ぶりです。

東京都心4日連続で湿度10パーセント台

16日から18日にかけて、日本付近は冬型の気圧配置が続き、関東地方は空気の乾燥した状態が続きました。東京都心の最小湿度は、16日は16パーセント、17日は17パーセント、18日は16パーセントでした。
19日も、東京都心の14時半までの最小湿度は16パーセントで、4日連続で10パーセント台になりました。東京都心で、2月に4日連続で10パーセント台になるのは、2012年の2月18日〜21日以来、9年ぶりです。

関東地方 25日まで乾いた空気に覆われる 火の元に注意

関東地方では、25日まで乾いた空気に覆われて、晴れる日が続く見込みです。空気の乾燥した状態が続きますので、火の元、火の取り扱いにご注意ください。喉を傷めたりしないよう、室内の加湿も心掛けるとよいでしょう。26日は、気圧の谷の影響で、雨が降りそうです。