九州北部地方と四国地方でも、きょう2月20日「春一番」が吹きました。

春一番を観測

きょう20日、朝には北陸地方で、昼過ぎには中国地方で春一番が吹いたと発表がありました。
続いて、夕方には九州北部地方(山口県を含む)と四国地方でも春一番が吹いたとの発表がありました。九州北部地方では昨年(2月22日)より2日早く、四国地方では昨年(2月12日)より8日遅い観測です。
15時までの各地の最大瞬間風速は以下のとおりです。
福岡市 13.1メートル(南)10時58分
下関市 13.9メートル(西南西)14時7分
佐賀市 14.4メートル(南西)13時8分
長崎市 14.3メートル(南西)13時31分
大分市 12.6メートル(西北西)14時15分
熊本市 12.3メートル(南南西)12時36分
高松市 15.3メートル(西南西)14時48分
松山市 11.2メートル(西南西)14時06分
徳島市 6.9メートル(東)12時57分
高知市 5.3メートル(東)13時14分

また、15時までの各地の最高気温は以下のとおりです。
福岡市 20.4℃ 14時59分
下関市 19.2℃ 14時57分
佐賀市 19.0℃ 14時56分
長崎市 17.9℃ 15時00分
大分市 19.8℃ 13時52分
熊本市 18.6℃ 14時14分
高松市 17.4℃ 14時15分
松山市 17.9℃ 14時31分
徳島市 16.6℃ 14時59分
高知市 17.1℃ 14時53分

春一番の条件

九州北部地方における春一番の条件
(1)「立春」から「春分」の間。
(2)南よりの風、最大風速7m/s以上。
(3)気温は前日より上がる。
四国地方における春一番の条件
(1)期間は「立春」から「春分」までの間。
(2)低気圧が日本海付近にあって発達し、南よりのやや強い風が吹く。
(最大風速:概ね10メートル以上)
(3)最高気温が前日より高くなる。