この先、北から冷たい空気が流れ込んできます。きょう、初夏を思わせる暖かさの所も、あす以降は再び冬のコートが必要になりそうです。

あす 日本海側は雪や雨 太平洋側も風が冷たい 夜は朝より気温が下がる

画像A

あす23日(火:天皇誕生日)は、低気圧が北日本を通過したあと冬型の気圧配置となり、北から寒気が流れ込んできます。
【天気】
北海道と東北は、朝までは太平洋側も含めて湿った雪や雨の降る所が多いでしょう。日中は、太平洋側の天気は回復へ向かいますが、日本海側は断続的に雪で、ふぶく所もありそうです。
北陸は、明け方まで雨や雷雨。朝にはいったんやむ所が多いですが、日中から夜にかけて、山沿いを中心に雪の降る所があるでしょう。
関東甲信と東海は、朝までは山沿いで雪の降る所があります。昼頃から広く晴れそうです。
近畿と中国地方も晴れ間がありますが、日本海側は午前を中心に所々で雨や雪が降るでしょう。
四国と九州、沖縄はおおむね晴れそうです。
【気温】
北海道や東北、北陸では、最高気温が朝に出る所が多く、日中は気温がジワジワ下がりそうです。関東から西は、朝の冷え込みは弱く、日中は15度前後の所が多いでしょう。平年と比べると高めですが、北風がやや強く吹いて、体感温度は下がります。さらに、夕方以降はグッと冷えるでしょう。夜は朝に比べて気温が低くなりますので、重ね着などで調節すると良さそうです。

あさって24日以降 冷たい空気がしばらく居座る

画像B

【天気の傾向】
24日も冬型の気圧配置で、北海道や東北は日本海側を中心に雪。北陸も雪の降る所があるでしょう。25日の後半から26日は、日本の南に前線が延びてきて、九州から関東で雨の所が多くなりそうです。27日から28日は高気圧に覆われ、おおむね晴れ。3月1日は低気圧や前線が近づき、雨雲が次第に広がるでしょう。
【気温の傾向】
24日から28日にかけて冷たい空気が居座り、気温が平年並みか低い所が多くなるでしょう。北海道は日中も凍える寒さで、東北や北陸も真冬並みの気温に。関東から西も、最高気温は10度前後の所が多く、厚手のコートが必要になりそうです。朝晩は平地も霜が降りたり氷が張ったりするほど冷える日があるでしょう。3月1日は全国的に南風が吹きます。曇りや雨でも気温は上がり、再び暖かくなりそうです。