2日(火)は九州から関東は雨や雷雨で、局地的に激しい雨が降るでしょう。東北は雨から次第に雪に。北海道は大雪の恐れがあります。

局地的に激しい雨

画像A

2日(火)は低気圧が発達しながら北日本付近を通過するでしょう。低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を南下する見込みです。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になるでしょう。
九州や四国、中国は午前中、近畿や東海は昼過ぎまで雨が降り、雷を伴って激しく降る所もありそうです。激しい雨とはバケツをひっくり返したような雨で、道路が冠水してしまうこともあり、注意が必要です。関東や北陸は日中、雨で雨脚の強まる所があるでしょう。東北ははじめ雨が降りますが、次第に寒気が流れ込み、日本海側では夜は雪に変わる予想です。路面状況の変化にご注意ください。北海道は湿った雪が降り、大雪となる恐れがあります。交通機関への影響に警戒が必要です。
全国的に風も強まり、九州から東北では横殴りの雨に、北海道ではふぶく所があるでしょう。荒れた天気になりそうです。

日本海側から冷たい空気に入れ替わる

画像B

寒冷前線が通過したあと、日本海側から次第に冷たい空気に入れ替わりそうです。最高気温は日本海側では金沢や福岡など10℃くらいまでしか上がらない所が多いでしょう。太平洋側は平年より高くなりますが、夜は北よりの風が吹いてヒンヤリしてきそうです。気温の変化が大きくなりますので、服装で上手に調節してください。