きょう19日、大阪城の西の丸庭園内にある大阪のさくらの標本木が開花しました。今週末は神戸や奈良でも開花の発表がありそうです。ただ、開花した後は少し気温が低くなるため、開花のスピードはゆっくりになり、今年は長くさくらが楽しめそうです。

きょう19日大阪でさくら開花 週末は奈良や神戸でも開花へ

画像A

きょう19日の近畿地方は日差しがたっぷりで、大阪や京都、奈良、和歌山などで最高気温が20度以上になるなど、昼間はぽかぽか陽気になりました。この春らしい暖かさの中、大阪ではさくらの開花が発表され、1953年の統計開始以来、最も早い開花になりました。今週末はまだ開花の発表がされていない奈良や神戸からも、開花の便りが届きそうです。

20日(土)天気は下り坂 21日(日)にかけてまとまった雨に

画像B

あす20日(土)は西から低気圧が近づいてくるため、近畿地方は昼過ぎから雨の降り始める所があり、夜は近畿地方で広く雨になるでしょう。21日(日)は低気圧が日本海へ進み、寒冷前線が南下するため、近畿地方は引き続き雨が降り、傘の手放せない天気になる見込みです。大気の状態が不安定になり、局地的に雷を伴って、雨脚が強まるおそれもあります。また、南寄りの風が強まり、海上の波が高くなる見込みです。

22日(月)から空気冷たい 開花のスピードはゆっくりに

画像C

週明け22日(月)はこの時季としては強い寒気が流れ込み、これまでに比べぐっと気温が低くなるでしょう。北部や山沿いを中心に雲が多くなり、晴れ間が広がる中部や南部でも北風が冷たくなりそうです。また、23日(火)から24日(水)にかけては朝晩冷え込んで、霜の降りるような寒さになる所もあるでしょう。来週の前半を中心に少し気温が低くなるため、さくらの開花はゆっくり進む見込みです。大阪のさくらの満開は来週末になる見通しで、今年は長くさくらが楽しめそうです。