きょう22日の中国地方は寒気の影響で風の冷たい一日となりますが、今週後半は最高気温が20度前後になり、日中は上着いらずの暖かさとなるでしょう。25日の木曜日はにわか雨の可能性があり、週末は雨となりますが、その他の日は散歩日和となりそうです。桜は見頃を迎えるでしょう。ただ、ヒノキ花粉の飛散は最盛期を迎えるため、万全な対策が必要です。

寒いのは、今週初めだけ

画像A

きょう22日の中国地方は、日本海から流れ込む寒気の影響で山陰や山陽北部を中心に雲が広がり、雨の降っている所があります。日中はあまり気温が上がらず、山陰や山陽北部の最高気温は10度前後と寒いでしょう。西寄りの冷たい風がやや強く吹き、一段と寒く感じられそうです。暖かくしてお過ごしください。
ただ、あす23日以降は徐々に気温が高くなり、今週後半の最高気温は20度前後と4月下旬並みの暖かさとなりそうです。日中は上着があると暑いくらいでしょう。

傘の出番は25(木)と27(土)、28(日)

画像B

25日は日本海を通過する気圧の谷の影響で雲が広がりやすくなり、山陰や山陽北部を中心ににわか雨の可能性があります。
27日は前線を伴った低気圧が西日本へ近づき、暖かく湿った空気の流れ込みが強まるため、次第に雨になるでしょう。風も強まり、荒れた天気になる可能性があります。
28日は低気圧からのびる寒冷前線が通過する影響で、雨や雷雨になる見込みです。
なお、ヒノキ花粉の飛散は4月上旬にかけて最盛期を迎える見込みです。花粉を取り込まないよう、万全な対策をなさってください。