週明けは東海や関東で最高気温が25℃くらいまで上がる所があるでしょう。この先も高温傾向が続き、季節は早いペースで進みそうです。

汗ばむような陽気の日も

この先も季節先取りの暖かさの日が多い見込みです。
最高気温は全国的に平年より高いでしょう。沖縄は25℃以上の夏日の日が多い見込みです。関東から九州は20℃以上の日が多いでしょう。特に、週明け29日(月)は低気圧や前線が運んだ暖かい空気が残るなか、日中は次第に天気が回復して、気温がグングン上がりそうです。東海や関東で25℃くらいまで気温が上がる所があるでしょう。上着がいらないどころか、日中は半袖でちょうど良いくらいになりそうです。
東北でも20℃近くまで上がって、昼間は上着が邪魔になるほどの暖かさになるでしょう。北海道は10℃以上の日が多く、日差しの温もりを感じられそうです。

4月と5月の見通し

画像B

長期予報では4月は前半ほど平均気温は平年より高いでしょう。
5月も平均気温は全国的に平年より高い可能性が高くなっています。季節の進みは早く、汗ばむような気温の日がグッと増えるでしょう。

夏はどうなる?

気象庁が発表したエルニーニョ監視速報によりますと、今後春の間にラニーニャ現象が終息し、平常の状態になる可能性が高い見込みです。
暑い夏をもたらすことが多いラニーニャ現象は収束するものの、日本列島は暖かい空気に覆われやすいでしょう。このため、夏(6月〜8月)も全国的に平均気温は平年より高い可能性が高く、暑い夏となる予想です。
春から汗ばむ日が増え、夏は厳しい暑さになるでしょう。新型コロナ対策から今後もマスクの着用が続いて、熱がこもりやすくなることも考えられます。早い時期から熱中症対策が必要になりそうです。