あす27日も、九州から東北の広い範囲で花粉が大量飛散。九州から北陸ではヒノキ花粉が非常に多く飛ぶ所がありそう。東北ではスギ花粉の飛散がピークを迎えている所も。晴れて気温が高い日は、特に万全の対策を。

27日も各地で万全の花粉対策を

あす27日、日本付近は高気圧に覆われる見込みです。日中は広い範囲で晴れて、乾いた空気に包まれるでしょう。日差しとともに気温が上がり、昼間は4月中旬から下旬並みの暖かさの所が多くなりそうです。
「晴れ」「空気が乾燥」「気温が高い」と、花粉が飛びやすい条件が揃うため、九州から東北で、花粉の飛ぶ量が非常に多いでしょう。

東北でスギ花粉の飛散がピークに

画像B

あす27日も、各地でスギ花粉が多く飛ぶでしょう。特に、東北ではスギ花粉の飛散がピークを迎えていて、今月末にかけて非常に多く飛ぶ日が多くなりそうです。花粉症の方は、メガネや帽子などでしっかりとした対策が必要です。
九州から関東にかけては、ピークを過ぎた所が多いものの、引き続き、対策をなさってください。

九州から北陸 ヒノキ花粉が非常に多く飛ぶ所も

画像C

ヒノキ花粉は、九州で非常に多く飛ぶ見込みで、四国や北陸でも非常に多く飛ぶ所があるでしょう。東海や関東、東北南部でもヒノキ花粉が飛び始めていて、所々で多く飛ぶ見込みです。

ヒノキ花粉のピークは4月中旬ごろまで

画像D

画像E

スギ花粉の飛散がピークが過ぎると、次はヒノキ花粉です。
九州ではヒノキ花粉が非常に多く飛んでいますが、これから4月上旬ごろにかけて、四国や中国、近畿でもヒノキ花粉の飛散がピークを迎えるでしょう。東海や関東でも、これからヒノキ花粉が多く飛ぶようになり、4月上旬から中旬ごろにかけてピークとなりそうです。
最新の1か月予報によると、4月上旬ごろにかけて、気温は平年より高い所が多い見込みで、ピークの時期が早まる可能性があります。花粉対策は、「花粉をつけない」「花粉を持ち込まない」ことがポイントです。この先も、4月中旬ごろまでは、万全の対策をなさってください。