メイン画像

3週連続して「春の嵐」です。今日は活発な雨雲が東へ進み、太平洋側で大雨になる所もあるでしょう。また、全国的に風も強まりそうです。低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に注意・警戒が必要です。大気の状態が不安定になるため、落雷や、竜巻などの激しい突風にも、ご注意ください。

天気のポイントは? 雨のピークは?

画像A

春は「天気が周期的に変わる季節」ですが、今年の3月は、先週、先々週と、2週連続して、週末に荒れた天気となりました。そして、今日の天気のポイントは「また春の嵐になる」ということです。
今朝は、すでに、九州付近で、局地的に雨雲が発達しています。
日中は、発達した雨雲が東へ進むでしょう。九州から東海は、雨や雷雨で、「非常に激しい雨」や「激しい雨」の降る所がありそうです。「非常に激しい雨」とは、雨が滝のようにゴーゴーと降り続き、傘は全く役に立たないレベルです。
雨が強まるのは、太平洋側が中心で、ピークの時間帯は、九州は昼前まで、四国は昼前後、近畿は夕方、東海は夕方から明日の未明です。低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に注意・警戒が必要です。大気の状態が不安定になるため、落雷や、竜巻などの激しい突風にも、ご注意ください。
関東甲信や北陸、東北は、昼頃から雨や雷雨になるでしょう。北海道は、午前中は晴れる所もありますが、天気は下り坂で、夜は雨が降り出し、局地的に雷が鳴りそうです。沖縄も、午後は雨や雷雨となるでしょう。お出かけの時に雨が降っていなくても、傘をお持ちください。
また、雨だけでなく、全国的に風も強まるでしょう。満開から日数が経った桜にとっては、「花散らしの雨」となってしまいそうです。風が強いので「横殴りの雨」になる所もありますので、お出かけになる方は、レインコートなど、撥水加工のある上着が良さそうです。

気温のポイントは?

そして、気温のポイントは「南風で、暖かい」ということです。
すでに暖かい空気が入っているため、今朝は全国的に、この時期にしては気温が高くなっています。
日中も、南風が吹くため、最高気温は全国的に平年より高く、5月並みの所もあるでしょう。九州から関東甲信、北陸は、20℃くらいまで上がりそうです。東北や北海道は15℃前後の所が多い予想です。積雪の多い所では、雪どけが進みますので、雪崩に十分お気を付けください。