5日(月)も関東では昼頃まで雨が降るでしょう。雨のあと空気が入れ替わります。この先、晴れても最高気温は平年並みか低い日もあるでしょう。

月曜日も関東は雨が残る 北海道では積雪の可能性

4日(日)は前線が本州付近を通過するでしょう。九州から東北にかけて雨や雷雨になり、四国や東海では激しい雨の降る所がありそうです。北海道も朝晩を中心に雨や雪で、道東ではうっすら雪の積もる可能性があります。
5日(月)は九州や中国、四国は天気が回復する見込みです。近畿や東海、北陸は未明まで、東北は明け方まで雨が降るでしょう。関東は沿岸部を中心に昼頃まで雨が続く予想です。北海道は道東では明け方まで雪の降る所がありますが、日中は広く晴れる見込みです。
6日(火)以降は晴れる所が多いでしょう。ただ、北海道では9日(金)頃は寒気が入り、雪や雨が降りそうです。内陸部ではうっすら雪の積もる可能性があります。冬用タイヤの交換はまだ待った方が良いでしょう。

季節が足踏み

4日(日)の雨を境に空気が入れ替わります。
晴れても、これまでのような初夏のような陽気にはならないでしょう。最高気温は平年並みか低い日もありそうです。九州から関東でも20℃に届かない日が多いでしょう。特に、9日(金)頃は15℃くらいまでしか気温が上がらず、薄着ではヒンヤリする所が多くなりそうです。東北は13℃くらいの日が多く、10℃に届かない日もあるでしょう。北海道は9日(金)頃は最高気温が5℃ほどと震えるような寒さになりそうです。
今年は3月から春本番の暖かさになり、季節が加速しました。ただ、この先は一旦、季節は足踏み。空気がヒンヤリと感じられる日もあるでしょう。服装を上手に調節して、体調を崩さないようお気をつけください。