きょう7日は、日中は全国的に晴れる見込み。北海道から北陸、関東甲信では、夕方から夜にかけて所々で雨か雪。カミナリを伴う所も。最高気温は、北海道から東北の日本海側と北陸は、きのう(6日)と同じ。東北の太平洋側と関東から九州、沖縄では、きのうと同じか高くなる予想。

きょうの天気 夜は雨や雪 春雷も

画像A

【きょうのポイント】
・日中は晴れ、夕方から不安定で雨や雪 春雷も
・最高気温は、きのうと同じか高くなる所が多い
【気圧配置】
日本列島は、北と西から高気圧に覆われます。千島付近の高気圧が北海道や東北に張り出し、朝鮮半島付近の高気圧が、沖縄と九州から関東付近を覆う見込みです。一方で、日本海にある気圧の谷が、ゆっくりと北海道から北陸にかけて近づくでしょう。気圧の谷の後ろには、この時期としては冷たい空気(寒気)が追いかけてくるため、大気の状態が不安定になる見込みです。
【詳しい天気】
きょう7日(水)は、日中は全国的に晴れるでしょう。午後になると、北海道から東北にかけてと北陸や関東甲信では天気が変わりやすくなる見込みです。局地的な雨が予想され、標高が高い所では雪になるでしょう。北陸では大気の状態が不安定になって、カミナリが鳴ることもある見込みです。

きょうの最高気温 北と南で20℃の差

画像B

【各地の気温 きのうと同じか高い所が多くなる】
北海道は10℃前後。東北は15℃前後の所が多いでしょう。北陸は15℃から18℃、関東甲信と東海から九州は18℃から20℃の所が多くなって、九州南部では25℃近くまで上がる所がある見込みです。沖縄は24℃前後で、八重山地方など25℃以上の夏日になる所があるでしょう。
北から南まで長い日本列島の、主な都市の予想最高気温を比べると、北海道の釧路や根室の5℃前後に対して、沖縄の石垣島は25℃ですから、北と南で20℃もの温度差がありそうです。
【花粉に、ご注意】
多くの所で花粉のピーク時期を越えようとしていますが、もうしばらく注意をなさってください。
外出時のマスクは「マスト」ですが、メガネや帽子の着用も効果的です。
服装は、表面がつるっとした、花粉が付きにくい素材を選びましょう。
帰宅時、帰社時には、玄関先で花粉を払い落として、花粉を室内に持ち込まないようにしましょう。