桜前線は東北を北上中です。9日は盛岡で、統計開始以来、最も早く(タイ)桜が開花しました。盛岡では、明け方、雪がうっすら積もりましたが、昼過ぎには標本木の桜が咲きました。

盛岡 雪が積もった後に 桜が開花

桜前線は、東北でも、いつもの年より速いペースで、北上しています。
9日午後は、盛岡から、桜開花の便りが届きました。平年より12日も早く、2015年に並んで、統計開始以来、最も早い開花です。
盛岡では、9日6時に積雪1センチを観測し、雪がうっすら積もった後、春の訪れを告げるように、桜が開花しました。
これにより、東北の桜の標本木で、まだ開花していないのは、青森だけとなりました。なお、同じ東北北部では、秋田で7日に満開を迎えています。

この後 桜前線は?

画像B

桜前線は、4月中旬以降も、どんどん北上するでしょう。18日には青森で、桜が開花する見込みです。27日には、札幌からも、桜開花の便りが届くでしょう。
今年も大勢で桜を見たり、お花見の宴会をしたりすることはできませんが、少ない人数で距離を取って見ているだけでも、桜の花と過ごした一瞬はきっと心に残るはずです。春を楽しむ際は、新型コロナウイルス感染防止対策を心がけてください。