九州は、きょう12日からあす13日は、前線の通過に伴い一時雨や風が強まりやや荒れた天気になる見込みです。雨の降り方や落雷、強風、高波などにご注意下さい。

きょう12日午後、九州各地で雨

きょう12日は、大分県や宮崎県など九州の太平洋側は、湿った空気の影響で明け方から雨が降り出しています。また、九州の西海上からもまとまった雨雲が近づき、長崎県では雨が降り出しています。
低気圧や前線の接近で、きょう昼過ぎからさらに雨の範囲が広がります。夕方以降は九州各地で雨が降り、長崎県五島地方は今夜遅くには雷を伴い激しく降る所があるでしょう。
また、今夜にかけて沿岸海上を中心に南より風が強まります。海上は波が高い所が多くなり、太平洋側はうねりを伴うでしょう。船舶は強風や高波に注意が必要です。

あす13日にかけて風雨強まり 大雨の所も

画像B

あす13日は、前線が九州付近を通過するため、一時雨や風が強まりやや荒れた天気になるでしょう。
前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、雨雲が発達しやすく、あす午前は雷を伴い局地的に1時間30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。あす13日にかけて各地でまとまった雨となり、多い所は100ミリに達する大雨になる見込みです。雨の降り方や落雷、突風にご注意下さい。
また、前線に向かって南よりの風が強まり、前線通過後は西よりの風がやや強く吹くでしょう。海上は、あす13日にかけて波が高くうねりを伴う所がありますので、船舶は引き続きご注意下さい。
なお、この雨のあと、14日(水)はやや気温が下がり、弱い寒の戻りとなる見込みです。