週末の中国地方は全般に抜けるような青空が広がりましたが、きょうは西の方から雲が広がり始めています。
九州の西からは雨雲が近づいており、山口県では昼過ぎから雨が降るでしょう。
夜遅くには中国地方の広い範囲で雨が降り、あすにかけて西部を中心にまとまった雨になる見込みです。
南寄りの風が強まったり、雷を伴って激しく降ったりするところもあるため、急な強い雨や落雷、突風には注意が必要です。

あす(13日)は活発な前線が西日本に延びる

画像A

中国地方を覆っていた高気圧は日本のはるか東の海上へ中心を移し、西から気圧の谷が近づいています。
あすは東シナ海から西日本に前線が延びだし、日本海からは寒冷前線が南下する見込みです。
前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、湿った空気の集まる西日本の太平洋側で前線の活動が活発になるでしょう。
雨のピークはあすの午前中で、局地的には雷を伴うおそれがあります。

激しい雨の中心は山口県の瀬戸内側

画像B

雨と風の予想を見ると、中国地方には南東の風と共に暖かく湿った空気が流れ込むことが分かります。
九州と四国の間にある豊後水道を吹いてくる風は、山口県の瀬戸内側にある山にぶつかって上昇し、活発な雨雲の発生が予想されています。
あす(13日)の朝から昼前にかけては、局地的には雷を伴い、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降るおそれがあります。
また、沿岸部を中心に南寄りの風が強まり、海上では波がやや高くなる見込みです。