花粉飛散のピークは過ぎつつありますが、それでも、週末にかけて多く飛ぶ所があるでしょう。まだしばらくは、対策を心がけてください。

あす13日(火)〜14日(水)は広く雨 雨が降り出すまでは 多く飛ぶ所がある見込み

画像A

あす13日(火)から14日(水)は、前線や低気圧に伴う雨雲が西から広がります。
東海から東北にかけては、広く雨となるのは、あすの午後から。
あすの午前中は南風が強めに吹いて気温が高く、花粉が飛びやすい状況です。「やや多い」から「多い」予想の所がほとんどですので、雨が降り出すまでは、対策を心がけてください。

東海と関東 週末にかけても多く飛ぶ予想

九州から近畿にかけては、すでにヒノキ花粉のシーズンも終盤を迎えており、晴れる日も飛ぶ量は僅かでしょう。
東海や関東は、ヒノキ花粉のピークは「4月中旬まで」となりそう。先週までに比べると少し落ち着いて「非常に多い」予想ではないものの、広い範囲で「多く」飛ぶでしょう。
北陸や東北は、スギ花粉のピークは過ぎており、ヒノキ花粉のピークも明瞭ではありません。ただ、晴れて気温の上がる日や、風の強い日を中心に飛ぶ量が増えますので、今月いっぱいは対策を続けると良さそうです。