東海地方では、16日夜から次第に本降りの雨となるでしょう。17日は、暖かく湿った空気の影響で雷を伴った激しい雨が降り、山地の南斜面を中心に大雨となる所もある見込みです。

16日:夕方までやみ間が多いが、夜は本降りの雨

画像A

東海地方は、湿った空気の影響で雨雲が発生し、所々で弱い雨が降っています。このあと、夕方までは雨雲にすき間があるため、雨がやむ時間帯も比較的多いですが、夜はまとまった雨雲がかかるため、次第に本降りの雨に変わるでしょう。

17日:雨のピークは昼前〜夜遅く

画像B

17日は、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になる見込みです。このため、昼前から夜遅くにかけて、雷を伴って土砂降りの雨が降る所もあるでしょう。特に、山地の南斜面にあたる三重県南部や、愛知県東部から静岡県にかけての山地、岐阜県美濃地方の山沿いでは、18日朝にかけての総雨量が100mmを超える大雨となる可能性があります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意・警戒が必要です。