今週は晴れる日が多いでしょう。東北南部では最高気温が25度以上の夏日となる所もありそうです。ただ、朝晩は空気がひんやりするでしょう。一日の寒暖差に注意が必要です。

東北南部では夏日の所も 一日の寒暖差大

画像A

今週は晴れマークが多く並んでいます。この先、23日(金)にかけては高気圧におおわれるため、広い範囲で晴れるでしょう。日中は日差しがたっぷり降り注ぎ、洗濯物もよく乾きそうです。
また、日差しとともに日中は気温が上がるでしょう。特にあす(火)の予想最高気温は、太平洋側を中心に20度を超える所が多く、宮城県仙台市や福島県福島市では22度の予想です。また、福島県相馬市では25度まで上がる予想で、今年初めて25度以上の夏日となる可能性があります。日中は半袖でちょうど良いくらいでしょう。
ただ、朝晩は一桁台まで下がる所が多く、一日の寒暖差が大きくなりそうです。気温が10度以下になるとコートが必要になってくる寒さです。今週は一日の気温差が20度以上開く所もあるため、服装などで上手く調節するようにしましょう。

空気の乾燥と紫外線にも注意!

今週は寒暖差以外にも注意することが二つあります。
まず、一つ目が空気の乾燥です。
今週は太平洋側を中心に空気の乾燥した状態が続くでしょう。洗濯物は乾きやすくなりますが、火が燃え広がりやすい気象条件となるため、火の取り扱いには十分注意が必要です。
そして、二つ目が紫外線です。
この時期は紫外線が徐々に強まってきます。今週は日差しの届く所が多く、また長い時間降り注ぐため、日中は紫外線が強まる予想です。帽子や日傘などで紫外線対策も忘れずに行うようにしましょう。

台風2号 東北地方への影響は?

画像C

台風2号はきょう(月)午前9時現在、フィリピンの東をゆっくりとした速度で北上しています。
今後、進路を次第に東寄りへ変えて沖縄の南海上を通過した後、小笠原諸島方面へ進む予想です。
今のところ、東北地方への直接的な影響はありませんが、来週のはじめ頃は太平洋側の海上で風が強まったり、波が高くなったりする可能性があります。
今後の最新の台風情報に注意して下さい。