九州は、きょう20日の日中は内陸部で夏日が現れる見込みです。あす21日〜22日はさらに気温が上昇し、最高気温が30度近くまで上がる所があるでしょう。急に暑くなりますので、熱中症など体調管理にお気をつけ下さい。

初夏の陽気 内陸部は夏日

きょう20日は二十四節気の「穀雨」、春の雨が穀物を潤すころとされていますが、九州は高気圧に覆われて、ほとんど雲がなく澄んだ青空が広がっています。
けさも放射冷却現象で山沿いや内陸部は最低気温が3度以下になるなど冷え込みましたが、日中の気温は5月上旬から中旬並みで初夏の陽気になるでしょう。
予想最高気温は23度前後で、佐賀市や熊本市は25度、熊本県人吉市は27度、大分県日田市は26度など、内陸部は25度以上の夏日が現れる見込みです。清々しい陽気の所が多いですが、内陸部は汗ばむくらいになりそうです。
また、きょうはよく晴れて、紫外線も強いですので帽子や日傘などで紫外線対策をした方がよいでしょう。

あす21日〜22日、真夏日一歩手前も

画像B

あす21日からあさって22日はさらに気温が上がる見込みです。最高気温が25度以上の夏日の所が増え、内陸部では30度近くまで上がる所もある見込みです。
この時期はまだ急な暑さに体が慣れていないため、熱中症になることがあります。こまめに水分を補給し、体調が悪い時は無理をしないようにしましょう。また屋外では帽子や日傘で強い日差しを遮りましょう。