台風2号は非常に強い勢力でフィリピンの東を北上しています。22日(木)頃に進路を北東に変え、23日(金)から「強い」勢力で沖縄の南の海上を東に進む見込みです。

台風の進路

画像A

きょう20日午前9時、台風2号はフィリピンの東を北上しています。台風2号の強さは「猛烈な」からはやや勢力を落としましたが、「非常に強い」勢力で、暴風域を伴っています。
台風2号は、今後もゆっくりとした速さで北西へ進み、22日(木)頃に進路を北東に変え、23日(金)から「強い」勢力で沖縄の南の海上を東に進む見込みです。その後は日本の南を東進するでしょう。

画像B

影響は?

沖縄地方の沿岸の海域では、うねりを伴い波が高くなっており、次第にしける所があるでしょう。大東島地方では、24日(土)から大しけとなる見込みです。また、台風の進路によっては、先島諸島は22日(木)から、沖縄本島地方は24日(土)から、大しけとなる恐れがあります。海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に十分な注意が必要です。
予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)は以下の通りです。
先島諸島:20日(火)は4メートル、21日(水)は4メートル、22日(木)は5メートル
沖縄本島地方:20日(火)は3メートル、21日(水)は4メートル、22日(木)は4メートル
大東島地方:20日(火)は3メートル、21日(水)は3メートル、22日(木)は4メートル
また、大東島地方では、22日(木)から東の風が強く吹くでしょう。24日(土)頃からは、非常に強い風が吹く恐れもあります。強風にも十分注意してください。
今のところ、台風2号が本州付近に直接的な影響を与える可能性は低いですが、小笠原諸島では今週末以降、波が高まり、風が強まる恐れがあります。今後も最新の台風情報にご注意ください。