21日(水)は最高気温が25度以上の夏日の所が多くなりそうです。東京都心も25度以上になるでしょう。22日(木)には一段と気温が高くなり、九州では最高気温が30度以上の真夏日に迫るほど暑くなる所もありそうです。体調管理にご注意ください。

20日は今年初めて夏日100地点以上に

20日(火)は各地で気温がグングン上がり、今年一番の暖かさとなった所が多くなりました。名古屋や宇都宮などでは今年初めて最高気温が25度以上の夏日を観測しました。また全国では今年初めて夏日が100地点を超えました。本州付近の上空には暖気が流れ込んでいるため、この汗ばむ陽気は21日(水)から22日(木)にかけても続きそうです。

21日(水) 各地で初夏の陽気に 東京都心も夏日か

画像B

21日(水)は本州付近は広く高気圧に覆われて、九州から東北は広く晴れる見込みです。最高気温は九州から関東は25度前後まで上がるでしょう。東京都心は26度くらいまで上がり、夏日になりそうです。各地で5月から6月並みの初夏の陽気が続くでしょう。東北は平年並みか平年より高く、15度から20度くらいまで上がる見込みです。一方、北海道の上空には寒気が流れ込み、オホーツク海を中心に雪の降る所がありそうです。最高気温は平年か平年より低く、10度に届かない所もあるでしょう。外出の際は厚手のコートがあると良さそうです。

22日(木) さらに気温アップ 九州では真夏日に迫る所も

画像C

22日(木)になると、九州から東北は一段と気温が上がりそうです。熊本など九州では、最高気温が28度から29度と、真夏日に迫るほど暑くなる所もありそうです。近畿や東海、関東なども最高気温25度以上の夏日の地点がさらに増えるでしょう。日中は半袖や薄手のシャツなどが活躍しそうです。ただ、まだ体が暑さに慣れていませんので、真夏でなくても熱中症など体調を崩しやすくなります。外出の際は日傘や帽子などを活用したり、日陰を歩くなど日差しを避ける工夫をしたり、こまめに水分補給をしたりすると良いでしょう。また、室内でも窓を開けてこまめに換気をするなど、風通しを良くすると良さそうです。日中と朝晩との気温の差が大きくなりますので、朝早くからお出かけの方、お帰りが遅くなる方は、服装にご注意ください。