台風2号は、非常に強い勢力でフィリピンの東を北上中。あす22日(木)には、進路を東寄りに変え、23日(金)から強い勢力で沖縄の南の海上を東進する予想。台風は自転車並みの速度で進むため、沖縄は高波や強風の影響が長引くため注意が必要です。

台風の進路

4月21日(水)午前9時現在、台風2号(スリゲ)はフィリピンの東海上を北上中です。一時は、1番上のランクである「猛烈な」勢力まで発達、中心気圧は895hPaまで下がりましたが、発達のピークは越えました。ただ、まだ上から2番目のランク「非常に強い」勢力で、中心付近の眼はやや大きくなってきたもののくっきりしています。今後も暴風域を伴ったまま北上を続け、あす22日(木)には進路を東寄りに変え、23日(金)から強い勢力で沖縄の南の海上を東に進む見込みです。

沖縄 4m超えの高波に注意

画像B

台風2号の特徴の一つは、動きが遅いこと。
台風を動かす上空の風が弱く、この先も台風のスピードは上がりません。24日(土)にかけて、自転車並みにノロノロ進むため、沖縄では高波や強風の影響が長引く恐れがあります。
沖縄地方の沿岸では、うねりを伴い、石垣島や宮古島など先島諸島ではしけており、沖縄本島と大東島地方でも波が高くなっています。週末にかけて4m超えの高波やウネリに注意が必要です。
予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
21日    22日    23日
先島諸島   4メートル  4メートル  4から5メートル
沖縄本島地方 4メートル  4メートル  4から5メートル
大東島地方  3メートル  4メートル  4から5メートル
なお、大東島地方では、24日(土)から大しけとなる見込みです。高波に警戒が必要です。また、台風の進路等によっては、先島諸島は23日(金)から、沖縄本島地方は24日(土)頃から大しけとなるおそれがあります。
<強風>
大東島地方は、日本付近の高気圧と台風との間で気圧の傾きが大きくなるため、22日(木)夜から東の風が強く吹くでしょう。24日(土)頃からは、非常に強い風が吹くおそれもあります。強風に十分注意してください。
今のところ、台風2号が本州付近に直接的な影響を与える可能性は低いですが、小笠原諸島では今週末以降、波が高まり、風が強まる恐れがあります。今後も最新の台風情報にご注意ください。