きょう24日(土)、北海道から九州にかけて、朝晩は一部で雨が降るものの、日中は広く晴れる見込み。一方、沖縄では、きょうも台風2号の影響が続く。

各地の天気

画像A

きょうも本州付近は高気圧に緩やかに覆われます。一方、日本の南には台風2号。動きが遅いため、きょうも沖縄への影響が続きそうです。
【各地の天気(西から)】
沖縄は、海はきょうもうねりを伴い、大東島地方と本島地方は大シケの状態が続くでしょう。大東島地方は暴風にも警戒が必要で、昼頃にかけて、何かにつかまらないと立っていられないほどの非常に強い風が吹くでしょう。また、午前を中心に雨や雷雨がありそうです。
九州は、湿った空気が流れ込んでおり、午前9時頃まで所々で雨が降るでしょう。昼頃からは晴れ間が広がる見込みです。
中国・四国から東北にかけて、おおむね晴れるでしょう。雲のかかることはあっても、天気の崩れはなさそうです。
北海道は、午前中は日差しがあるでしょう。午後は気圧の谷が近づくため次第に雲が増えて、夜になると所々で雨が降りそうです。あすの朝にかけて雨の範囲が広がり、雪に変わる所も。平地でも、内陸を中心に雪の積もる所がある見込みで、車の運転は路面状況の変化に注意が必要です。

最高気温

最高気温は、沖縄はきょうも平年より低く、22度前後の所が多いでしょう。風が強く、体感温度はさらに低くなりそうです。
九州は25度前後の所が多く、きょうの日中も、動くと汗ばむほどでしょう。
中国と四国、近畿、東海、北陸、関東にかけて20度〜23度くらいの予想。暑さはなく、過ごしやすいでしょう。
北陸と東北も20度前後で、内陸では23度くらいまで上がる所も。きのうより高く、昼間は上着なしでも良さそうです。
北海道は、日本海側を中心に15度〜18度くらいまで上がる所が多いでしょう。この時期にしては暖かく感じられそうです。
なお、夜の気温は、朝と同じか高めの所が多いでしょう。ただ、天気が下り坂に向かう北海道では、朝よりも夜の方が冷えますので、羽織る物や重ね着などで調節すると良さそうです。