25日(日)は、上空に北から寒気が流れ込み、関東を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。北海道は雪が降る見込みです。関東付近では、午後は所々で雲が発達し、雷雨になるでしょう。

25日(日) 寒気流入で北海道の雨は雪に 関東付近は大気の状態が不安定

画像A

あす25日(日)は、北海道から関東付近を、気圧の谷が通過するでしょう。上空には寒気が流れ込み、関東を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。
北海道は、広く雨が降り、午後を中心に、雪やみぞれになる所が多いでしょう。東北は、昼頃にかけて雨雲がかかる見込みです。こちらでは、雨は長く降り続くことはなく、夕方以降は晴れる所が多いでしょう。北陸は、午前中は雨が降る見込みです。午後も雲が広がりやすいでしょう。
関東は、雲に覆われて、午後は雨が降る所が多い見込みです。特に、昼頃に北部で局地的に雨雲が発達し、この発達した雨雲は、次第に南部に移動する予想です。発達した積乱雲の下では、急に雷が鳴り、ザッと強い雨が降るでしょう。雷雲の下では、突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある時は、建物の中など、安全な場所に移動して下さい。東海は、晴れ間がありますが、静岡県では午後は所々で雨や雷雨でしょう。
近畿から九州、沖縄は、日差しが降り注ぐ見込みです。こちらでは、空気の乾燥した状態が続く所が多いでしょう。火の取り扱いにご注意下さい。

午後は広く北風強まる

25日(日)午後は、広く北風がやや強く吹くでしょう。大陸の高気圧が、次第に日本付近に張り出し、等圧線の間隔が狭くなるためです。最高気温は、九州から関東では、20℃を超える所が多いものの、風が冷たく感じられそうです。

26日(月)は天気回復 次に天気が崩れるのは?

26日(月)には、本州付近は高気圧に覆われる見込みです。北海道では寒気や湿った空気の影響で、雨や雪の降る所がありますが、東北から九州、沖縄は晴れる所が多いでしょう。次に広く雨が降るのは、28日(水)から30日(金)頃です。GW(ゴールデンウィーク)の天気 2021も参考になさって下さい。