26日(月)、多くの所で晴れるが、ヒンヤリした北よりの風がやや強く吹く。北海道は、きょうも東部を中心に雪や雨の降る所がありそう。

各地の天気 全国的に北風強め 北海道は東部を中心に雪や雨も

画像A

きょう26日(月)、広い範囲で晴れるでしょう。ただ、日本海に中心をもつ高気圧と、本州の南にある低気圧(元台風2号)の間で、等圧線の間隔が狭く、北風のやや強い状態が続きます。北海道は、きょうも寒気の影響を受けるでしょう。
【各地の天気】
北海道は、今朝は目立った雪雲や雨雲はなく、広く晴れています。ただ、北部では昼前から昼過ぎ、東部では昼頃から夕方、所々で雪や雨が降るでしょう。局地的には雷を伴う見込みです。
東北は、午前9時頃までは日本海側で雨や雪の降る所があるでしょう。昼前にはやんで、次第に晴れそうです。
北陸や関東から九州、沖縄にかけて、おおむね晴れるでしょう。

最高気温 きのうと同じか低い

画像B

最高気温は、全国的にきのうと同じか低くなるでしょう。
北海道は8度前後の所が多い見込みです。上の項目でお伝えした通り、北部や東部は空模様が変わりやすく、天気が崩れるタイミングで気温も急に下がりそうです。
東北北部は10度〜12度くらい、東北南部と北陸は12度〜15度くらいの予想。きのうより低く、北風の影響で体感温度はさらに下がるでしょう。昼間も、暖かい服装を心がけてください。
関東から西は、20度〜23度くらいの所が多いでしょう。日差しのもとでは暖かく感じられますが、日陰では風がヒンヤリしますので、調節のしやすい服装が良さそうです。