今夜(28日)の中国地方は、前線や湿った空気の影響で再び雨が降るでしょう。あす(29日)の昼過ぎにかけて雨が降り、山陽を中心に雷を伴い雨の強く降る所がある見込みです。
そして、あすの夕方から上空に寒気が流れ込み、あさって(30日)にかけて大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。変わりやすい天気で、突然の強い雨や雷雨、竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意が必要です。

あす(29日)は昼過ぎまで広く雨、雷を伴い強く降る所も

画像A

あす(29日)は前線上に発生した低気圧が西日本付近を通過する見込みです。昼過ぎにかけて広く雨が降るでしょう。暖かく湿った空気の流れ込みが強まるため、山陽を中心に雷を伴ったり、雨の強く降る所がある見込みです。西側の地域を中心に、まとまった雨になるでしょう。

あす(29日)夕方から30日にかけて、突然の強い雨や雷雨、突風に注意を

前線や低気圧に伴う雨は一旦やむものの、あす(29日)の夕方から上空に寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。
このため、あすの夕方から再び雨や雷雨になる所があるでしょう。竜巻などの激しい突風やひょうを伴うおそれもあります。天気の急な変化にご注意ください。
あさって(30日)は日本海に進んでくる低気圧からのびる寒冷前線が、中国地方を通過する見込みです。大気の不安定な状態が続き、変わりやすい天気になるでしょう。晴れたりくもったりで、雨や雷雨になる所がある見込みです。
30日にかけて、農作物やビニールハウスなどの管理に注意し、発達した積乱雲が近づいてきた場合は、頑丈な建物内に移動するなどなさってください。