あす30日(金)の未明にかけて、関東や東北は激しい雨も。雨上がりは気温上昇。関東や九州などで夏日の所も。一方、北海道は雨から雪に。

午前中 関東から北海道で激しい雨

画像A

あす30日(金)の朝にかけては、前線を伴った低気圧が東海から東北付近を進み、日中は北海道の太平洋側に沿うように北上する予想です。太平洋側では大雨になる所があるでしょう。
近畿や東海は日付が変わる頃には雨がやんで、天気は回復に向かいそうです。関東や東北は未明まで、北海道の太平洋側は昼頃にかけて、局地的にカミナリを伴った激しい雨が降るでしょう。沿岸部を中心に風が強く、横なぐりの雨になることもありそうです。またアンダーパスなど、周りより低い場所では道路が冠水するおそれもあるため、ご注意下さい。

北海道 あす夜 北部を中心に雨か雪

画像B

北海道は、午後になると次第に雨はやんでくるでしょう。ただ、オホーツク海側を中心に雨が続き、次第に雪のまじる所が多くなりそうです。標高の高い所では雪が降るでしょう。車の運転などは、路面状況の変化に気をつけて下さい。

九州や関東などで夏日も にわか雨に注意

画像C

九州から東北は、雨上がりで日中は気温上昇。九州南部や関東の内陸部など、最高気温が25度以上の夏日になる所もありそうです。きょう29日(木)昭和の日は雨で少しヒんやりしているため、あす30日(金)はきょうとの気温差が体に堪えるでしょう。
気温の上昇はカラッとした暑さをもたらすだけでなく、雨雲が発生する原因にもなりそうです。地上が暖められる一方で、上空には冷たい空気が流れ込みます。晴れていても、所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。買い物など、短時間の外出でも雨具があると安心です。空模様の変化にご注意下さい。