あす5月1日は、低気圧や前線が西から近づきます。太平洋側を中心に雨雲が発達し、道路が冠水するほどの激しい雨の降る所もありそうです。

局地的に激しい雨 落雷や突風も

あす5月1日(土)は、低気圧や前線が西から近づき、雨の範囲が次第に広がるでしょう。
九州や中国、四国は、昼過ぎにかけて雨が降ったりやんだりで、激しく降る所もありそうです。アンダーパスなど、低い所を通る道路が冠水する危険性があります。また、カミナリ雲が発達しやすく、落雷や突風にも注意が必要です。
近畿や東海、北陸は、昼頃から次第に雨の所が多くなるでしょう。こちらも大気の状態が不安定で、太平洋側を中心にカミナリを伴って雨脚の強まる所がありそうです。
関東は夕方から北部を中心ににわか雨の可能性があります。
東北も天気が下り坂で、夕方以降はときおりザッと雨が降るでしょう。
一方、きょう30日に広く雨が降った北海道は、次第に晴れそうです。ただ、朝までは北部を中心に雪や雨の所がありますので、積雪や路面の凍結にお気を付けください。

その先も たびたび雨雲が通過 広く晴れるのは3日(月:憲法記念日)

画像B

向こう一週間、雨具の出番が多いでしょう。2日(日)は、低気圧は離れていきますが、上空にこの時期としては強い寒気が流れ込み、大気の状態は不安定。晴れていても、急に強い雨が降ってきたり、雷雨になったりするおそれがあります。その先、低気圧や前線の雨雲が頻繁に通過するでしょう。高気圧に覆われて広い範囲で晴れるのは、3日(月:憲法記念日)の日中となる見込み。この晴天を、洗濯や布団干しなどに有効に使うと良さそうです。