きょう6日の九州は、内陸部を中心に朝と昼間の気温差が20度以上になる所があります。調節しやすい服装がよいでしょう。このあと、来週にかけても天気は短い周期で変化する見込みです。

6日は気温上昇 真夏日近くも

6日朝の最低気温は、熊本県南小国町2.8度、宮崎県五ヶ瀬町鞍岡や大分県由布市湯布院、熊本県阿蘇市乙姫は3.1度など、九州の山沿いでは3度前後まで下がり強い冷え込みになりました。
日中は強い日差しと暖かい空気の流れ込みで、最高気温は25度以上の夏日の所が多く汗ばむ陽気になるでしょう。特に、熊本県人吉市は29度、大分県日田市や宮崎県えびの市は28度など、九州の内陸部は真夏日近くになる所がある見込みです。
休み明けで急に暑くなると、暑さに体が慣れず熱中症になりやすい傾向があります。屋外では帽子や日傘を利用したり、運動や作業などする際はこまめに休憩を取り水分補給を行うなどして、熱中症にご注意下さい。
また、きょう6日は朝と昼間の気温差が20度以上になる所があり、一日の中での気温変化が大きくなりますので、調整しやすい服装がよいでしょう。

あす7日、九州南部付近へ前線北上

画像B

きのう5日は沖縄と奄美地方が早くも梅雨入りしましたが、あす7日は一時的に梅雨前線が九州南部付近まで北上する見込みです。このため、あす7日は九州南部を中心に雨が降り、雷を伴い一時雨脚が強まる所があるでしょう。九州北部も一時雨が降る所がある見込みです。
8日(土)は天気が回復しますが、9日(日)は気圧の谷の影響を受けて一時雨が降る所がある見込みです。来週11日(火)から12日(水)も九州は前線の影響を受けて天気が崩れるでしょう。この先も短い周期で天気が変わりそうです。