メイン画像

7日は東北日本海側を中心に気温が上がり、一日の気温差も大きくなりそうです。朝は羽織る物が必要でも日中は半袖でないと暑いくらいの所も。体調管理に気をつけましょう。

7日 日本海側中心に夏日地点増える

きょう6日(木)は東北でも最高気温が25度以上の夏日になった所がありました。午後3時30分までに東北で最も気温が上がったのは福島県伊達市梁川の25.9度。そのほか福島市25.6度、岩手県釜石市25.1度、仙台市24.9度など、太平洋側を中心に今年になって最も気温の上がった所がありました。
あす7日(金)はきょうと違い日本海側でも夏日の地点が増える見込みです。予想最高気温は青森県弘前市・秋田県横手市・山形県鶴岡市でともに27度など。南よりの風が山を吹き降りる際に気温が上がりそうで、青森県の津軽地方や秋田県の内陸などで特にきょうより暑くなりそうです。
一方、仙台市は20度など涼しい海風が入る三陸沿岸はきょうほど気温は上がらないでしょう。
あす日中はおおむね晴れて外での作業もはかどりそう。でも気温の上がる地域は朝晩と日中の寒暖差が20度前後とかなり大きくなる所もありそうです。カラッとした暑さではありますが、暑さになれない時期ですので服装選びや体調管理に気をつけましょう。
・睡眠をしっかりとる
・朝食をしっかりとる
・外では帽子をかぶる
・疲れを感じたらこまめな休憩・水分補給

週末は変わりやすく、来週中頃は曇りや雨が増える

画像B

あす7日(金)も東北は晴れ間がありそうです。週末は変わりやすい天気になるでしょう。
8日(土)は秋田に傘マーク。東北北部を中心にマークになくても午前中は雨の降る所があるでしょう。午後はいったん回復する見込みですが、9日(日)は東北の広い範囲で大気の状態が不安定になりそうです。上空の寒気の影響です。晴れマークの所も局地的な雨や雷雨の可能性があります。最新情報をチェックしてください。
来週中頃も雲が多く東北南部や太平洋側を中心に雨の降る日が多くなりそうです。本格的な梅雨はまだ先ですが、前線の位置によっては梅雨の走りのようになるかもしれません。来週は日中の気温も平年並みか低くなりそうです。羽織るものはまだ手の届く所においておきましょう。