9日(日)、北海道と東北では雷雲が発達。関東から九州は晴れる所が多く、気温上昇。30度以上の真夏日の所も。沖縄は梅雨空。きょうも広範囲で黄砂が飛ぶ予想。

9日 各地の天気 北海道と東北は不安定 晴れる所も黄砂が飛来

画像A

きょうは、北海道と東北で大気の状態が不安定に。前線の通過や、上空の寒気の影響です。日差しのある北陸や関東から九州も、局地的に雨雲がかかるでしょう。沖縄付近には梅雨前線が停滞します。
【各地の天気】
北海道と東北は、すでに日本海側で雷雨になっている所があります。日本海側は午前を中心に、太平洋側は昼頃から、所々で雨雲や雷雲が発達するでしょう。日が差していても急に強い雨が降り出すおそれがあり、落雷や突風にも注意が必要です。ひょうの降ってくる所もありそうです。ヒンヤリした風が吹いてくる、雷鳴が聴こえてくる、といったサインに気を配ってください。
北陸は、午前中はザッと雨の降ることがありますが、午後は晴れるでしょう。
関東も日差しが届きます。ただ、北部では、午後はにわか雨の所もあるでしょう。
甲信と東海は、昼前まで雲が多く、山沿いを中心に雨の所も。昼過ぎからは晴れそうです。
近畿から九州は、今朝は日本海側で雨の所がありますが、日中から夜にかけて広く晴れるでしょう。
沖縄は断続的に雨で、雷雨になる所もありそうです。
なお、きょうも、北日本から西日本の広い範囲で黄砂が飛ぶでしょう。晴れる地域でも、気になる方は洗濯物を室内で干すと良さそうです。

最高気温 関東以西は夏日地点が増加 30度くらいまで上がる所も

日中の気温は、北海道や東北はきのうより3度くらい低くなる所が多いでしょう。さらに、雨が強まると一時的に気温が下がり、ヒンヤリしますので、調節のしやすい服装が良さそうです。
北陸も、きのうほどは上がらず、20度くらいの予想です。
関東から西は、きのうと同じか高く、25度以上の所が増えるでしょう。特に、関東や九州では内陸を中心に30度前後まで上がる所がありそうです。ノドの渇きを感じる前に、少しずつ水分を摂るなど、暑さ対策を心がけてください。外出の際は、できるだけ日陰を利用したり、日傘や帽子で直射日光を遮ることも大切です。