週中ごろと次の土日は、本州付近は前線や低気圧の影響を受けるでしょう。12日(水)〜13日(木)は、九州から近畿で大雨になる恐れがあります。

10日(月)〜11日(火) 雨が降る所も

画像A

10日(月)は、北海道付近は気圧の谷の影響を受けるでしょう。本州には、日本海から湿った空気が流れ込む見込みです。南西諸島付近には、前線が停滞するでしょう。
北海道や東北北部は雲が広がり、雨が降る所がある見込みです。東北南部から九州は、晴れ間が出るでしょう。ただ、夕方以降は、北陸付近を中心に雨雲がかかる見込みです。沖縄は、雨や雷雨でしょう。
11日(火)にかけて、北海道付近は雨が降りやすい見込みです。本州では、北陸付近の雨雲は次第に南へ下がり、関東付近でも雨が降る所があるでしょう。
南西諸島付近の前線は、やや北上する見込みです。沖縄は雨が続き、九州も雨が降り出す所があるでしょう。

12日(水)〜13日(木) 前線や低気圧の影響で九州〜近畿は大雨の恐れ

南西諸島付近に停滞する前線は、12日(水)は、九州付近まで北上する見込みです。前線上に低気圧が発生し、13日(木)にかけて、本州付近を東へ進むでしょう。前線や低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。
12日(水)は九州から近畿を中心に、13日(木)は九州から関東を中心に、雨が降るでしょう。九州から近畿では、雨雲が局地的に発達し、大雨の恐れがあります。どのような所に発達した雨雲がかかるか、まだ予報に大きな幅がありますので、今後、最新の気象情報をご確認下さい。

14日(金) 前線南下 雨はやんで日の差す所も

14日(金)は、低気圧は日本の東に離れ、本州付近にかかる前線は南へ下がる見込みです。雨はやみ、日の差す所があるでしょう。ただ、北陸や関東付近を中心に、にわか雨や雷雨の可能性があり、九州では、再び雨が降り出す所がある見込みです。

15日(土)〜17日(月) 低気圧が日本海を進む 雨量が多くなる所は?

15日(土)は、前線を伴った低気圧が、朝鮮半島付近を進むでしょう。前線や低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。低気圧は、16日(日)にかけて、日本海から北海道付近まで進む見込みです。
広く曇りや雨でしょう。16日(日)は、発達した雨雲が北海道や東北を中心にかかる見込みです。この発達した雨雲は次第に南へ下がるでしょう。17日(月)にかけて、北陸や中国地方も雨が強まることがありそうです。北海道や本州の日本海側を中心に、雨量が多くなることも考えられます。